元桜川市議会議員  えのきど和也 オフィシャルサイト

ご挨拶

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

最新記事

 

疑惑の産廃搬入路完成  県が監視カメラ設置

住民監視 必須

県廃棄物規制課 監視カメラを設置

桜川市 まもなく ごみの街に!(友部地区)

 

市長は“止める。止める”と言いながら、実は全く止める意思なし。

 

今年の9月議会で、(県が途中で止めており)“止まっているからいいでしょうよ”と何度も発言していた。
しかし実は、8月27日の段階で、市の生活環境課は、道路が上の道まで来てしまっていたのを現地に出向いて確認し、その様子を写真に撮っていた。
当然、それは市長にも報告されていた筈である。
そうした中で、議会で“止まっているからいいでしょうよ”と何度も発言した。
これは、市民の代表である議員とその後ろにいる市民を、市長が公然と欺いたということである。

 

道路法24条の市道の工事承認申請が申請期限切れになったあと、新たな工事承認申請が市に出されないままに、
キノコ栽培をする農地に向かう進入道路がつくられ、そのため、市の道路が今までどおり通れなくなってしまった。
これに対し、建設部長は、新たな工事承認申請が出さずに三升商事が勝手に工事をして、市道が通れなくなっているので、市道のところに入れられた厚さ1メートル程度の砕石等は、これを撤去させると言っていた。
しかし実は、それは口先だけで、実際には違法なこの工事を部長が黙認しているようにも見える。
その結果、墓石などを砕いた御影石の割栗石を入れてあった道路の上に、その後採石が敷かれ、
桝箕団地から山の上へと向かう道まで、大型ダンプが簡単に入れる道路が完成してしまったからである。

 

部長が口先だけのこうした対応をとっているのは、市長がそうするよう命じているからと考える他はない。

 

廃棄物が投棄されると、羽黒地区だけでなく、トンネルを経由して犬田地区まで汚染物質が浸透。被害は岩瀬地区全域にまで及ぶでしょう!
できれば このごみ 市長の家に持って行っていただきたい。 (市長宅地へ)

 

 

-------------------------------------------------------------------

 

【どう思いますか?】桜川市議会令和3年第2回定例会 3日目 令和3年6月22日

 

【!!緊急拡散希望!!】

 

令和3年6月22日定例議会音声より
榎戸和也一般質問 音声ファイルを 文字化しました。 
音声をお聴きになりながら
妨害的 ヤジ 誰なのか? 耳を傾けて!

 

正当な質問(確認)の一部が、議長により「撤回」され、公式の議事録からも削除されています。
その部分を追記しました。

 

本来、「撤回」とは、発言した本人が行うものです。この意味においても、疑問のある運営ではないでしょうか?

 

以下、削除箇所前後の議事抜粋です。
-----------------------------------------------------

 

議事音声抜粋

 

〇6番(榎戸和也君)これは平成2年 12 月16日、茨城県県西農林事務所宛てに送ったものです。経済部長さん、白田さんの名前が書かれております。ここではどう書かれているかというと、伐採開催後、市民等から伐採に対する不安等の問い合わせがあり、現地確認をした際、提出のあった届出の面積よりも過大に伐採しているおそれがあることから、届出代理人に対し求積図等の提出を求めたところ、5条森林内における伐採予定面積が1ヘクタールを超えることが確認されました。つきましては打合わせをしたいという文書をそこに送っているのです。いいですか。ということは、「市民等」と。私、自分がやったというのは嫌だから、「市民等」と書いたのです。

 

 

〔「言えばいいじゃない」の声あり〕

 

 

〇6番(榎戸和也君)いやいや、だから、そしたら市民等の……

 

 

〔「自分がやったと言えばいい。思っているの」の声あり〕

 

 

〇6番(榎戸和也君)いや、おかしいですよ、それは。私も市民なのだから。まあ、いいです。

 

 

〔「何だよ、自分が言ったと……」の声あり〕

 

 

〇6番(榎戸和也君)だから、私が行って、どの課もそうでしたよ、最初行ったとき。何かわき向いてしまって、ちゃんと取り合ってくれない。この問題、大変な問題だ。これを止めようとして、同じ職員の方が大変苦労されたという経緯もあるわけです。そういう中で、何かみんな横を向いてしまう。

 


〔「それは自分が思っているだけだよ」の声あり〕   【相田議員】

 

 

 

〇6番(榎戸和也君)これが、そういう実感を私は持っています。

 

 


〔「自分が思っているだけだ。職員が横向いたというのは、自分が思っているだけです……」の声あり〕  【相田議員】

 

 

 

〇6番(榎戸和也君)いやいや、そういうやじはやめさせてください、議長。
だから、ここにこういう文書を送っていると。

 

 


〔「だから、っているんだからいいんだよ」の声あり〕 【相田議員】

 

 

【注:削除箇所】
〇6番(榎戸和也君)
だから、ここに、こういう文書を送ってるということは、市民の指摘で出しなおさせたという理解でよろしいですね?つまり白田部長のあの発言はおかしい、ということでよろしいですね?確認です。

 

【注:削除箇所ここまで】

 

 

〔何事か声あり それはないよ
〔「白田部長の話出すと、それはまずいよ」の声あり〕

 

 

 

〇6番(榎戸和也君) いや、部としての見解だから。市長の見解だから。

 

 

〔何事か声あり〕

 

 

〇6番(榎戸和也君) 市長の見解ですよ。

 

 

 

〔「市長の見解じゃないよ。白田部長のなんて私は知らないって。「いない人のことについてはなんてできないの」の声あり〕  【相田議員】

 

 

 

〇議長(小高友徳君) 先ほどの質問は撤回します。
6番、榎戸和也君。

 

 

 

〇6番(榎戸和也君) では、そもそも論、時間ないのですが、市長に伺います。
私が12月議会で、市長がいつ知ったのか、例えば。それから、この時点でこの土地を持っているのは三升商事さんであるということを認めますかと聞いたのです。これ、市長に聞いた。そしたら、白田経済部長、また言ってしまったな、これ。経済部長が出てきて、つまりそれは……

 

 

〔「関係ないよ」の声あり〕

 

 

〇6番(榎戸和0也君)いいですか、経済部長が出てきたということは、勝手に出てきたのではないのです。市長が打ち合わせをして、私の一般質問に対して彼に答えるように内部的に決めたのでしょう。

 

 

 

〔「いや、違う、違う。それは違う」の声あり〕   【大塚市長】

 

 

 

 

〇6番(榎戸和也君) 最後に、いいですか……

 

 

〔「それは違う」の声あり〕           【大塚市長】

 

 

 

 

〇6番(榎戸和也君) 最後に彼は何と言ったか。

 


〔「それは違う」の声あり〕          【大塚市長】

 

 

〇6番(榎戸和也君)私は分からないから市長に聞いてくださいとこの間言ったのです。それなら最初から出てくるのではないと……

 


〔「また見直したら、白田部長が ……」の声あり〕

 

 

〇6番(榎戸和也君) だから、市長は……

 

 

〔「指示もしていないし……」の声あり〕  【大塚市長】

 

 

 

〇6番(榎戸和也君) 自分で、何で最初から、例えば10月7日に知ったのだとか、そういうことを自分で言うべきだったのです。いつ知ったのだと聞いたのだから。それ、市長は答えないのです。やっとやっていって、そういう話になったのです。

 

 


〔「そんな大事な話、これ」の声あり〕

 

 

〇6番(榎戸和也君) 大事な話でしょう。

 

〔「大昔の……」の声あり〕

 

 

〇6番(榎戸和也君)いいですよ。だから、私としてはこの問題は、非常に楽観している方がおられるようですが、これはまだ予断を許しません。なぜかというと、県が今止めているものは、法的にあの墓石が駄目だということで取りあえず止めているだけであって、あれを何らか処理されれば、あの道はまたそのまま行けることになります。したがって、向こうも、何度も申し上げているように、それだけの資本を投下しているわけですから、しっかりこちらがスクラムを組んでやらないと、いや、つまり合法的にやらないと非常に厳しいのではないかと。そこのところをしっかりと私は市に対応していただきたい。
〔何事か声あり〕

 

 

 

〇6番(榎戸和也君) まあ、いいです。要するに肝腎なことは答えないで、こういう対応は非常にいかがなものかと思います。
以上で終わります。

 

〔何事か声あり〕

 

 

〇議長(小高友徳君) これで榎戸和也君の一般質問を終わります。

 

 

〜桜川市の確かな未来を築き、本物の豊かさを磨くために〜

桜川市に暮らす人々の生活の質を高め、市民のための市政を実現するために、市議会議員として何ができるのか。
重要なのは市議会がチェック機能を発揮し、透明で健全な財政運営・政策決定が行われることです。
私、えのきど和也は桜川市のさまざまな課題を取り上げ、議会で質問をしてきました。
このWebサイトでは、議員活動や取り上げてきた、桜川市のさまざまな課題等を報告・発信しています。

 

私の目指す政治/政策提案

 




1.くらし第一の身近な政治。

 

 

 

……子育て支援・介護・福祉・水道等のインフラ整備

 




2.「仕事力」を高め、ここにいて豊かにくらせるまち。

 

 

 

……事業支援・起業支援・農業支援・環境保全等を通じた、新経済圏構想の構築

 




3.子どもたちの育ちを支える取り組み。

 

 

 

……子育て支援・学校教育支援・・・・豊かな遊びの保障

 




4.多様性を認め合うまち。

 

 

 

……高齢者支援・女性支援・障がい者支援

 




5.桜川の奥深い文化と自然を再開拓。

 

 

 

……芸術文化活動を支援

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top